マヤ暦

k37/2016年10月12日/美人マヤ暦カレンダー

おこさまとマヤ暦講座な一日。我が家はひとりっこですが、3人4人といるとそれぞれどんな特性を持っているかを知りたくなりますよね。例えば、漠然とこの子はパパッ子だなとか、ママッ子だなとと感じている方は少なくないですよね?あるいはおじいちゃん、おばあちゃんがガイドになっていたり?マヤ暦を紐解けば一目瞭然です。ちょっぴり手を焼いたときの子どもへの関わり方のヒントが一目散に解ります。

でもマヤ暦に依存はしないし、決めつけもしないということも、マヤ暦の勉強をしていればわかります。「執着しない、依存しない、所有しない」そのフレーズをもとに、勉強中には心を豊かにするような温かい言葉にいっぱい触れます。マヤ人が大得意の算数の時間もあります(笑)脳が活性化されます。「白い世界の橋渡し」「黄色い種」」とか「青い嵐」「赤い空歩く人」など、不思議だけどロマンチックな名前の紋章にワクワクします。マヤ暦を学ぶ事で潜在意識のスイッチが押されるのです。

ひろちゃんはどうしてマヤ暦を勉強しているの?と質問されますが、答えは簡単。「ワクワクするから。マヤ暦にふれるだけで安心するから。」それだけです。マヤ暦講座の開講が安定してきた今、ワクワクするレギュラーレッスンを持てたことに心から感謝いっぱいの近況です。さてさて今日の美人マヤ暦キーワードは、厳粛なきもちで「いまここ」に根をおろし「いまあるもの」に大切にしようということで...

グローバルに考えつつも、地に足をつけてローカルに行動しよう

k37「赤い地球」「青い手」銀河の音「11」ガイドエネルギーも「赤い地球」

「赤い地球」共時性、シンクロニシティ、心の連帯。「青い手」癒し、理解把握する、遂行。銀河の音「11」エネルギーの解放、初志貫徹、閉塞感を解放するためにいちど壊す、浄化する。ガイドエネルギーも「赤い地球」です。ピンときた言葉に心結わえていきましょう。今日は偶然の出来事がしばしば起こるかもしれませんね。それではシンクロ溢れるステキな一日になりますように。

■子育てマヤ暦セッションのご案内はこちら■

 

マヤ暦,生年月日から占う,カレンダー,愛され美人,札幌市中央区,飯田浩子

小児科ナースだった経験も、いまここに至り振り返ることばかりです。

-マヤ暦
-, , , , ,