マヤ暦

k46/2016年10月21日/美人マヤ暦カレンダー

昨日は体験したことに懐かしさを観じる時間が多かった日。いつになっても未知体験はつきものですが、未知体験なはずなのに「あれ、これ、前もやったような」「あれ、前にもお会いしましたか?」そういう機会に遭遇することがありませんか?マヤ暦をお勉強すると「前世からの繋がり」とか「ソウルメイト」も解ってしまうために「繋がり」においてはやや色濃く意識してしまうのかもしれません。繋がって、繋がって、いつのまにかシアワセのサークルの中で繋ぐ手のぬくもりに対し、遅かれ早かれ「自分が投げかけたしあわせのぬくもりがちゃ〜んと還ってきているんだな」...ということに気付きます。気付きの叡智が降りてきたら、もう豊かさの扉をノックしています。いずれは自分に「全て」還ってくるのならば、自分は「いま、ここで」何をしたらよいか一目瞭然ですよね。心から労るこころを...心から溢れる愛情を...相手と自分にたくさん注いでみてください。あなたはそれができる人です。

では心美しいあなたにはこんなチャンスがやってくるでしょう↓

忘れていた記憶に出会う日

あなたが記憶を思いだすというより、記憶のほうがあなたに近づいてきます。それはとても意味のあるメッセージなので、心の動きに注目しながら観じてみましょうね。

k46「白い世界の橋渡し」「黄色い太陽」銀河の音「7」ガイドエネルギー「白い鏡」

「白い世界の橋渡し」橋渡しの力、死と再生、ゆだねる、下積みの努力。「黄色い太陽の7日目」円満、円熟、太陽の力、普遍的な火、照らす、無条件の愛。銀河の音「7」調律する、情報を絞り、プラスの思い込みで意志を強くする。「白い鏡」覚悟力、依存心を捨てる、執着心を捨てる、永遠なる秩序、透明感。

この中でピンときたフレーズはありますか?私は「下積みの努力」というものに心打たれました。若い時からいっぱい努力して逃げなかった人こそ、いまここで結果を出しているような気がします。「結果」とは富とか名声は二の次に「世のため、人のため」に社会貢献できる土台があるということです。もちろんいまからでも遅くはありません。昔の痛い経験が今では懐かしい記憶となり...きっときっと...

「豊かさ」という姿に変えて、今、あなたに近づき還ってくることでしょう!

それではシンクロ溢れる素敵な一日に。「雨は夜更け過ぎに...雪へと変わるだろう」...静かな朝の時間に、キラキラとたくさんの叡智が舞い降りてきています。雪を悦ぶ子どものように暖かな朝です。

マヤ暦,生年月日から占う,カレンダー,愛され美人,札幌市中央区,飯田浩子

-マヤ暦
-, , , , ,