マヤ暦

k77|赤い地球 白い世界の橋渡し 音12|潜在意識のスイッチ

2016/11/22

今年最後の新月に|マヤ暦ラブレター

昨日のマヤ暦講座でステキな言葉を思いだしました。「モーニングページ」就寝している間は魂がお休みするため、ほぼ「顕在意識」がシャットダウンし「潜在意識」に包まれています。そのとき肉体は疲れを癒し、魂が安らかな状態です。

起床直後は潜在意識の「余韻」が残っています。私が起床後まもなくプチ瞑想をして、お手紙セッションやブログを書くのはこのため。死んでも来世に持ってゆける「想いや直観・閃き」を「人間の立ち位置」において記録しておきたいから。

今朝も今年最後の「12/29・新月お手紙セッション」を含め、たくさんの「モーニングページ」を遺しました。今世での約束をひとつひとつお片づけしています。良い朝でした...というわけで今日のマヤ暦メッセージです。

寝る前に「なにか良いことがあったかい?」と尋ねる習慣をつけよう

人になにか尋ねるとき「心配事は?」「困っていることは?」と尋ねるよりも「良いことあったかい?」という質問の方が、人はその質問を処理するために必死で「良いことあったかな、良いことなにかな」を探し出します。そうすると「右脳」が活性化し、本来の優しい自分を取り戻せるものですよ。

夜眠れない方は「隠匿積善」がなされていないのだそう。人知れず徳を積んでいるのではなく、人知れず人を疑い、自分を疑っているのだそうです。寝る前に「なにか良いことあったかい?きょうもありがとうね」と、人に賞賛されなくても自分を労うキモチが、潜在意識のスイッチがおせる「安眠=魂の休息」を手に容れられるのです。

k77「赤い地球」「白い世界の橋渡し」音12ガイドエネルギー「赤い月」

「赤い地球」共時性、シンクロニシティ、ココロの連帯、魂の癒し。「白い世界の橋渡し12日目」橋渡しの力、死と再生、ゆだねる、ぶれない自分。「音12」複合的安定、共有、分かち合う関係、問題処理。「ガイドエネルギー赤い月」ミッション、使命、魂の浄化、静かな環境でリラックス。

ココロに響いた言葉はありましたか?安眠することは本当に大切です。魂が安らげる時空間を是非発見してみてください。自分の内側にね。ではシンクロ溢れるステキな日に。インラケッチ!

マヤ暦紋章の赤い地球と白い世界の橋渡し

-マヤ暦
-, , , , ,