マヤ暦

k99|「青い嵐」「黄色い人」音8|自由と放埓

昨日は数少ないりのちんの小学校時のお友達と忘年会。久しぶりでしたが、話が尽きませんでした。いつになっても子供の成長過程に置いての悩みも尽きませんが、話を共感し合える戦友がいるのも嬉しいことです。

運動会リレー応援では、よく一緒にはしゃいだよね。図書ボランティアでも一緒に活動しました。親子レクでは壁を作る私に声をかけてくれたり嬉しかったな。懐かしい思い出が蘇る忘年会にナオちゃんも途中参加で子育てあれこれ時間を共有できた日。また集まれるとき、是非新年会をしましょう。では今日のメッセージです。ある書物で見かけた言葉です。

自由と放埓とは似て非なるもの

昨日読んだ本に記してありました。「自由」とは好き勝手にやっても迷惑をかけず、自分で蒔いた種を自分で刈り取り責任を負うこと。「放埓」とは周囲を悪い方向に巻き込み、自分のやりたい放題をやり責任を人に押し付けることだと。「あのときああ言ったよね?」も一種の責任逃れの言い訳。「いま、ここ」と「ちょっと先の未来」に視線を向け、プラスの思い込みでコツコツと夢を実現してゆきましょう。

k99「青い嵐」「黄色い人」音8ガイドエネルギー「青い夜」

「青い嵐」巻き込み力、チェンジ力、思い込みの力、嵐のような変容のエネルギー。「黄色い人」自由意志、人を感動させる、人としての誠意、知恵。「音8」調和的共振、生命あるものと共鳴しながらフォローする、共鳴する人たちと一緒に過ごす。

「ガイドエネルギー青い夜」夢、囲い込み、具体的な夢の設計図を描く、動機を綺麗に目標や方向性を明確にする。さあさあ好きな言葉は見つかりましたか?

それでは今日も素敵な1日に。インラケッチ!

マヤ暦20の紋章の青い夜

-マヤ暦
-,