マヤ暦

k103|青い夜 黄色い人 音12|人を信じる心

昨日は午前中ゆっくり休んでからクリニック。帰りは同僚の仲良しちゃんと一緒に、大好きな森をくぐり抜け帰りました。なんて静かで、穏やかで...笑いが絶えずお互い好きなことを語り合いました。良い1日でした。

自然の中で、心を込めて1本の木を眺めたり、心を込めて空を眺める機会に恵まれていると、人の「感性」や人の「霊性」を高めてくれるような気がします。何にでも「仕方ないな」と諦められるようになりますし(執着性を手離すということ)自分へ向けられる攻撃性にも感謝を返せるようになります。「成長の瞬間なんだ」とね。そのおおらかな霊性を、大自然から育まれています。

明日は黄色い人の13日目でギフトの日。人としての誠意溢れる期間になりましたか?人としての道理を踏まえた期間になりましたか?それでは今日のマヤ暦メッセージはこちらにしようと思います。

常に光ある世界で生きてゆく

どんなことがあっても人のことを悪く言わない。辛い言葉を投げつけられても、痛い言葉に突かれても人を恨まない。たとえ闇に落とされてしまっても、自分の心の内側には、いつも光ある静寂な場所を確保してゆく...静寂な場所とは「自分を信じ抜く心」です。

k103「青い夜」「黄色い人」音12ガイドエネルギー「青い鷲」

「青い夜」豊かさを夢見る、信頼を囲い込む、現実を踏まえイメージを膨らます、暗闇の中でも揺るぎない確かなもの。「黄色い人12日目」自由意志、知恵、人としての誠意、人としての道理、人として何が大切なのかを考える。「音12」共有、分かち合う関係を築きあう。

「ガイドエネルギー青い鷲」俯瞰力、ビジョン、先見の明、人を信頼し心の状態をよくする、無償の愛に着眼力を向ける。お気に入りの言葉はありましたか?

今日はクリニック。そして忘年会。きっと響き会えることでしょう。とても楽しみです。それではシンクロ溢れる素敵な1日に。インラケッチ!

マヤ暦の青い鷲

-マヤ暦
-, ,