マヤ暦

k106|白い世界の橋渡し 赤い蛇 音2|黒キン10日間のスタート

昨日はクリニック。セッションの依頼がどっと入ってきました。赤い蛇の1日目はその対応にスピーディー丁寧に行うことで充実した一日となりました。そして今日から「黒キンの10日間」がやってきましたみたいな⭐︎

黒キンとは「宇宙エネルギーが注ぐ門が大きく開く日」ともされており、この期間は銀河が活性化している感じで眠くなりやすかったり、体調や気持ちに敏感になったり...精神的なこと、スピリチュアルなこと、また自分の内側を見つめる力があるか試される期間でもあります。黒キン生まれの方は、エネルギーの強さとスピリチュアル性の強さに象徴されます。私も娘も黒キン生まれだと知ってからは、ある程度「諦め」がつき、いろいろ仕方ないなと過ごしているわけですが(笑)

今日は潜在意識に赤い蛇があり、ガイドエネルギーに白い鏡があり黒キン。心揺さぶられることが起きるかもしれませんが、かけがえにない今日という日を右脳で過ごしましょうね。ではマヤ暦メッセージです。

相手を憎んでも相手は傷つかない。傷つくのは自分自身

自分の意向にそぐわないことをされた時、人というものは「ひどいことをされた、許せない」と怒りや憎しみで相手への攻撃性を高める時があります。でも、人を憎むということは、疼く心の傷を自分で触っているようなもの。どんなに許せなくても、相手はあなたの許せない憎悪の世界からは離れてゆき、残されたあなたの傷だけが深くなっているだけ。

最初は悔しいかもしれませんが「おかげさまで、勉強になりました」と感謝を向けるだけで、自分の潜在意識の傷はどんどん癒えます。相手を許すとか、許せないとかどうでもいいじゃないですか。それよりも「いまここ」の日常を大切にしましょう。

k106「白い世界の橋渡し」「赤い蛇」音2ガイドエネルギー「白い鏡」黒キン

「白い世界の橋渡し」橋渡しの力、死と再生、委ねる、結ぶ、おかげさまでの心、おもてなしの心。「赤い蛇」本能、血と情熱、生命力、自己コントロールする、イライラを手放す、自分を律する、恨みつらみを感謝に。「音2」二極化、余分なものは捨てて身軽に挑戦する。

「ガイドエネルギー白い鏡」永遠性のある秩序、透明感、執着を手放す、ちっぽけな枠を超える、距離感、許す心。

「黒キン」エネルギーが強く、振れ幅が大きい日。良い方向にエネルギーを使えばいつも以上に良い結果が得られましが、悪い方向に使えばいつも以上にマイナスになってしまいます。損得のない良き心で過ごしましょう。

それでは今日もシンクロ溢れる素敵な一日に。インラケッチ!

マヤ暦紋章の白い世界の橋渡し

-マヤ暦
-,