マヤ暦

k109|赤い月 赤い蛇 音5|忙しさと引き換えに

昨日は朝からセッションが続き、佳き出逢いに恵まれました。その方々とハグして別れたあとに、新潟・糸魚市の火災を知りました。地元の方は「空襲のようだ」とおっしゃられる方も。一方こちら札幌では大雪のため新千歳空港228便の欠航。昨日はりのちんの習い事がありましたがキャンセルし、家で火災の状況を見守りつつ、降りしきる雪の多さに驚愕していました。

私たちの力ではどうにもならないことがあります。「地球の嘆き」には仕方ないと共鳴するしかありません。悪天候に怒りを向けるなんて御門違いで、私たち人間が地球の叫びに耳を貸さなかった証だと、ただただ受け止めるしかありません。では昨日読んだ詩を今日のメッセージにしようと思います。

「十二月のうた」茨木のり子

熊はもう眠りました 栗鼠(りす)もうつらうつら 

土も樹木も 大きな休息に入りました

ふっと 思い出したように 声のない 子守唄 それは粉雪 ぼたん雪

師も走る などど言って 人間だけが息つくひまなく 動きまわり

忙しさとひきかえに

大切なものを ぽとぽとと 落としてゆきます

詩を読んで受けた「いまここ」の感受性をどうか大切にして見てください。

k109「赤い月」「赤い蛇」音5ガイドエネルギー「赤い地球」黒キン4日目

「赤い月」浄化、新しい流れ、水の力、使命ミッションを遂行する。「赤い蛇5日目」本能、コントロールの力、自分の気持ちに正直に勇気を持つ。「音5」中心を定める、目標設定、この13日間のテーマを見直して中心や軸を定める。「黒キン」良きものにエネルギーを巻き起こす。

ガイドエネルギー「赤い地球」心の絆、心の連帯、シンクロニシティ、地球の嘆きを受け止める。

今日は祝日特別レッスンヨガ二ドラなどなど。それではシンクロ溢れる1日に。

マヤ暦紋章の「赤い地球」

-マヤ暦
-,