マヤ暦

k133|「赤い空歩く人」「青い猿」音3|絶対拡張キン

今日から4日間、k133〜136まで「地水師(ちすいし)」という易が流れます。マヤ暦と中国易経は繋がっており、易経も楽しく猛勉強中。これからどんどん楽しく吸収していこうと思います。

「地水師(ちすいし)」の大意は「軍隊でいう師団の意味」人々を牽引する指南役の意味合いがありますが、力量の違うのもと衝突する役を示す暗示でもあります。イライラして口論を吹っかけたり、悪感情を露骨に表したくなるシーンがあるので特に注意。寂しさが表に出る期間でもありますから、口が上手い異性にひっかることにも注意ですよ(笑)偉大なる存在を見極める4日間でもあります。

では今日のマヤ暦メッセージです。

断捨離とは単なる片付けとは違います。「このものは自分に本当に相応しいか?」問いかけることです。

通信からいただきました。

新年、新しいことにチャレンジしたり、新しい出会いに胸をときめかせることも多々あると思いますが、その前にやらなければいけないことがあります。それは「お片付け」です。

お片付けして空いたスペースがあってこそ、そこにピースがはまるように新しいものがやってきて、初めて「巡る」もの。お片付けが済んでいないのに新しいものを増やしても、処理能力が成長してない限り、抱え込み苦しみ、余計な争いが勃発する期間です。よ〜く考えて、よ〜くお片付けを済ませてから、新たなものに着手しましょうね。

k133「赤い空歩く人」「青い猿」音3ガイドエネルギー「赤い地球」

「赤い空歩く人」人々の成長を手助けする、天と地の柱、勇気、ラインやメールで済ませずに直接会って現場を感じる。「青い猿3日目」高い精神性、閃き、潜在意識の傷を癒す、トリックスター。「音3」互いに奉仕する。「ガイドエネルギー赤い地球」絆、心響力、共鳴力、シンクロニシティ。

今日は19の倍数の絶対拡張キンのエネルギーが流れています。自分が「今、ここ」でやらねばならぬことを自分に刻印し、そして手がけましょう。それでは今日もシンクロ溢れる素敵な一日に。

マヤ暦紋章|赤い空歩く人

 

-マヤ暦
-,