マヤ暦

k136|黄色い戦士 青い猿 音6|地水師という戦士

昨日は「物事って本当に素晴らしいタイミングとリズムで動き出すものだ」と感動した日。焦燥感を手離した瞬間に周りが動き出して助けてくれる...みたいな。

...というわけで最近は心の余裕ができ、お家での「易経」の学びを楽しんでいます。仕事が終わったら易の本が読みたくて急いで帰ってくるみたいな感じです(だって歩き立ち読みはダメでしょう?)

「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」は「天・沢・火・雷・風・水・山・地」を意味します。天とか風とか山とか出てくると、ワクワクトキメキます。私の生まれもつ易には「雷」があって雷とは「声はあるけど形のないもの」(すごく納得な感じじゃない???)などと書いてあります(笑)

自分と自然が共鳴していることを、言葉を通して発見するのが好きなんだと。今となってはそんなにお金をかけなくても楽しむ方法をいっぱい知っています。1冊の本の値段って本当に良心的ですよね。読み込めば読み込むほどに自分の世界が広がってゆく感じです。ではマヤ暦と易経を結わえた今日のメッセージです。

今日は踏みとどまっていた制限の壁が取り外される日ですよ。

踏み切れない一線を感じたら、ひとまず自分を忘れることによって大胆さに気づきます。その大胆な行動はもしかしたらあなたの使命かもしれません。困難に立ち向かう勇気と、困難を克服する柔らかな発想ができる人が有能な戦士です。

k136「黄色い戦士」「青い猿」音6|ガイドエネルギー「黄色い戦士」

「黄色い戦士」戦いの力、自己との戦い、挑戦、七転び八起き、逆境に打ち勝つ、生涯現役。「青い猿の6日目」高い精神性、閃き、遊ぶ、精神世界、困難を遊びで乗り越える。「音6」平等な組織、尊重。ガイドエネルギーも黄色い戦士。

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。今日はりのちんの楽しみにしていたものがやってきます。いざ実家へ!

マヤ暦紋章黄色い戦士

-マヤ暦
-,