マヤ暦

k142|白い風 青い猿 音12|天山遯(てんざんとん)2日目

天山遯(てんざんとん)2日目。k142 白い風 青い猿 音12 ガイドエネルギー青い夜です。

天山遯は退却という大意がありますが、一歩引くことで全体像が見えるという卦でもあります。物事や人間関係においても近すぎるとお互いが曇ってしまうのはよくあること。離れて離れて見るからこそ奥行きが見えることもあります。

今なかなか手離せないものや想いがあるのならば、ちょっと距離を置いて、自然の息吹に身を任せると、自分のあるべく姿を大自然が教えてくれるかもしれません。では今日のマヤ暦・易経メッセージです。通信からいただきました。

「野の花や風のそよぎに心震わせ、美しいものの前に身動きもならず、立ち尽くすような繊細でみずみずしい感性を私は願った」

「そして感性を眠らせたり破壊されたりするような、そんな時間と空間の中に、子どもたちが置かれているのなら、全く反対の時間が流れる空間が作れないか私は考えた」

村上通哉さんの記述したものだそうです。なんて素敵なフレーズでしょうというわけでシェアさせていただきました。

白い風の繊細で優しい感性を育みながら、私たちが本当に豊かな暮らしを育むような生活というものを、ゆとりをもって培ってゆきたいものです。

「距離感」とは「ゆとり」だと私は思っています。良い距離感で「本当にたいせつなもの」に気づけると良いですね。それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

マヤ暦,生年月日から占う,カレンダー,愛され美人,札幌市中央区,飯田浩子

 

 

-マヤ暦
-,