マヤ暦

k146|白い世界の橋渡し 黄色い種 音3 |離為火2日目

大変容の第3の城「ラスト黄色い種13日間」かつ連続10日続く「黒キン」が今日から始まります。

昨日は、朝からいっぱいのリスお君にあったり、まだ啓蟄には早いのに室内でムカデにたくさんあったり、素敵な人たちに出会い素敵な石をプレゼントくれたり...嬉しさ溢れる忙しい一日でした。

黒キンとは平たくいうと「エネルギーがめちゃくちゃ強くタフで強運」ということ。黒キンの人もそういう人であるということです。ただ、良いことは普段の倍のエネルギーで現れますが、一旦悪しき習慣に陥ると悪しきことも普段の倍現れます。いわゆる「振れ幅」が激しい人・日ということです(私の経験上、青い嵐の人もこんな感じですね〜)

振り幅が大きい波乱万丈な人生&その日を幸せにするか否かは、自分の意識次第。毎日何にも感じずにボ〜ッと生きているよりは、いろんなことを経験して、痛い目にも怖い目にも合うことで魂が磨かれます。そうやってこの世に生まれてきた甲斐があることに喜びを感じながら過ごしましょう。

易経「離為火2日目」でもありますから、いかに執着を手離し、良きものを取捨選択し燃やせるかも大切な指針になります。それでは今日のマヤ暦・易経メッセージです。

困難に向かい合った時、もうダメだと思った時に想像してみてください。3時間後の君は涙が止まっている。24時間後の君は涙が乾いている。2日後の君は顔をあげている。3日後の君は歩き出している。

通信から一部いただきました。魂が揺さぶられ、困難にぶつかった時に思い出してみてください。

k146「白い世界の橋渡し」「黄色い種」音3|ガイドエネルギー「白い犬」黒キン1日目

易経「離為火(りいか)」2日目→誤った信念や意見を取り入れてはいけない

それではシンクロ溢れる素敵な一日に。

マヤ暦紋章白い世界の橋渡し

-マヤ暦
-,