マヤ暦

k147|青い手 黄色い種 音4|離為火3日目

「白い世界の橋渡し」のごとく、昨日はたくさんの橋渡しができた日。白い世界の橋渡しがくると、本当に人に会う機会が多い...だからこそ「ひとりの時間」を充実させています。

今朝の通信の中に書いてあったのですが、2016年に国連が行った幸福度調査において日本は53位。デンマークが1位だったそうですが、働くことに関するモチベーションがデンマークと日本と異なるそうです。

デンマーク人は自主性を持って仕事をしており、仕事に支配されていない。デンマーク人が宝くじで100万ドル当たっても仕事を辞めない理由がここにあります。「自分の仕事を自分でコントロールする力」に長けているということなのですよね。

仕事を好きになるのはいたって簡単で「湧き上がる感謝の気持ちを大切にすることと、地球の全てのものが平等だという意識を持つこと」だと思います。本当に大切なことは出世競争ではありませんよね?「今、ここ」の安らぎを感じるためには「ひとりの時間」をいかに充実させるかも大切なことです。朝の瞑想は本当にオススメですよ。

では今日のマヤ暦・易経メッセージです。通信からシェアです。

「凡と非凡の分かれる所は、能力の問題ではない。精神であり感激の問題だ」

陽明学者で国家的リーダーに影響を及ばした安岡正篤(まさひろ)氏のお言葉です。身近なところに感激は溢れています。青い夜のガイドに習い、可能性は無限に目の前に開かれていることを信じましょう。当たり前に思う日常に青い手の労りをもち、奇跡というを感じてゆくと良いかもしれません。

k147「青い手」「黄色い種」音4|ガイドエネルギー「青い夜」黒キン2日目

今日流れる易経「離為火(りいか)」3日目→プライド、執着を手離す

それではシンクロ溢れる素敵な一日に。

マヤ暦,生年月日から占う,カレンダー,愛され美人,札幌市中央区,飯田浩子

 

 

-マヤ暦