マヤ暦

k148|黄色い星 黄色い種 音5|離為火4日目

離為火4日目です。離為火には「火」の意味も含みますが、火が突発発火するように、思いつきで行動を起こしたり、また突発的な怒りから辛い感情を味わうこともあるかもしれません。

人間関係の視点からお話しますと、人間世界にてあなたを傷つけようとする人がいるとして。でもそうなってしまったのは彼ら彼女らにもそれなりの事情があるからです。育ち方にも関係しているかもしれません。家族や恋人とうまくいっていないのかもしれません。今の仕事から不満や焦りを抱えているのかもしれません。

何れにしても、私たちには責任はなく相手の責任であり「おつかれさま」という他ありません。相手が周囲に悪態をつける「邪気」にまともに付き合わなくても良いということで、寛容な心構えひとつで相手の未熟さに自分が傷つくことはないのではと思います。

傷つかない一つの方法は、苦手な相手からも、たった一つで良いから「学べること」を探すこと。礼儀を持って好意を示してゆくと「次のこと」を確認します。これを今日のマヤ暦・易経メッセージにしましょう。

相手への感情を選んでいるのは自分自身。自分を傷つけていたのは、相手ではなく「自分の恐れの気持ち」だということに気づきましょう。

黄色い星の日には少し厳しさがあらわれます。ゆとりと寛容のを探すことに、黄色い戦士の心を持ってチャレンジしてゆきましょう。七転び八起きです。

k148|黄色い星 黄色い種 音5|ガイドエネルギー黄色い戦士黒キン3日目

易経「離為火(りいか)4日目」→怒りを手離し寛容になる

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

マヤ暦|黄色い星の紋章

-マヤ暦