マヤ暦

k149|赤い月 黄色い種 音6|沢山咸(たくざんかん)1日目

今日から易経の流れが変わります。2/1(水)〜2/4(土)沢山咸(たくざんかん)

「咸は亨る 貞しきに利し。 女(じょ)を取(めと)れば吉」

沢山咸は「感応」の意味を持ちます。沢山咸の「咸」の文字には「感」に「心」がありません。これは無欲無心を表すもの卦です。下心やずるさを持っていたり、打算がある行為には遅かれ早かれ後に「後悔」という「目に見える結果」がきっちり返ってきます。純粋な人間性を感じあい、通じ合うから「またあの人に会いたいな」と感じるのが人間の常です。では今日のマヤ暦・易経メッセージです。

「感応し合うには貞しき動機」と「打算のないこと」が大切です

赤い月が流れています。浄化には「動機の修正」がとても重要です。打算、損得を隠し通し、そのを蒔いても、後で打算と損得を償う結果が必ず来ることを今から学びましょう。そういう匂いがする人からは距離をおく審美眼を養うことも大切。マイナスとの共鳴を防ぐ強さも身につけましょう。

k149|赤い月 黄色い種 音6|ガイドエネルギーも赤い月

2/1〜2/4に流れる易経「沢山咸(たくざんかん)」→お互いに感じ合う、故に間(距離感)が大切

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

マヤ暦20の紋章|赤い月

 

-マヤ暦
-,