マヤ暦

k169|赤い月 赤い地球 音13|水火既成(すいかきせい)

今日から4日間(2/21〜2/24)易の流れが変わります。水火既成(すいかきせい)「すでに成る」という意味。満ち足りた状態であるということですが、人間の欲望は際限がありませんから「どんな状態であれ丸ごとを肯定しましょう」という大意があります。

今の状態がなんだか不安でうまくいっていない時は、いくら外の扉を叩いても開かないかもしれません。方向を間違うと、依存症といわれる異性問題やギャンブルなどにハマり、蒔いた種を刈り取る苦労を背負うことになります。空回りするばかり....。

そんな時は「静かに内に向かってください」という指令なのかも。

内に向かうとは、本当に美しいものを見て聴いて愛で、自身の感性を磨いてゆくことです。本1冊読んで教養、知識、美意識を養ったり、自然の中でいまここを味わうなどして、自分の財産がコツコツ増えた時に、自然と外の扉がゆっくり開いてゆくのではないかな。それでは今日のマヤ暦・易経メッセージは今日のk169の吉永小百合さんの数少ない名言としましょう。

一生生徒

黄色い太陽さんがいつも主人公で当たり前なスタンスに対し、赤い月さんは太陽さんの反射体で光ります。謙虚だけれどミッションを忘れず、そこにいるだけで静かに内側を浄化するような吉永小百合さんのお言葉が、自分の中に革命という流れを作ります。まさに今日13のギフトですね。

k169「赤い月」「赤い地球」音13(ギフトの日)|ガイドエネルギー赤い空歩く人

2/21〜2/24に流れる易経「水火既成(すいかきせい)」→すでに成る

それではシンクロとギフト溢れる1日に。

赤い月の女の子

-マヤ暦