マヤ暦

k172|黄色い人 白い犬 音3|水火既済(すいかきせい)4日目

昨日夕方から数日ぶりに読書に集中しました。読書は一種の瞑想なのかもしれません。瞑想している時間は本当に心地がよく読書に通じるものがあります。読書ができる人、できない人、そこには潜在意識の純度が左右されると聞いたことがありますが、本当にそうかもしれません。

なんとなく心が晴れないときは読書に集中できません。本当は自分一人の力で心の透明度を高めたいのですが、私は「レスキューレメディ」をお守りにしています。含まれているお花や植物のお名前を綴るだけで心が安らかになります。バッチフラワーを調合している時も安らかな気分になりますね。

さてさて読んだ本は夏目漱石先生「草枕」草枕ではこう記しています。

「智に働けば角が立つ。常に棹させれば流れる。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい」以上を踏まえて今日のマヤ暦・易経メッセージとしましょう。

距離感を大切に

ある程度の距離感を大切に。そうすれば相手の嫌な面を見ることなく、お互いに被害にあったりすることもなく、人間としての嗜みや尊厳を保ちつつ生きてゆくことができるような気がします。これは一種の「人としての誠意」なのかもしれませんし、距離とは「心のゆとり」なのかもしれません。

k172|黄色い人 白い犬 音3|ガイドエネルギー黄色い戦士

易経|水火既済(すいかきせい)→新鮮なエネルギーを大切に

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

マヤ暦の紋章/黄色い人

-マヤ暦
-, , , ,