マヤ暦

k177|赤い地球 白い犬 音8|山火賁(さんかひ)1日目

2017/03/04

今日から4日間(3/1〜3/4)易経の流れが変わります。山火賁(さんかひ)

この卦が表しているのは、太陽が山のかなたに沈む日没寸前の光景で す。山々が夕日で赤く彩り息をのむほどに美しい姿ですが、永続的なものではありません。 山火賁の時は、とかく外見にとらわれ、体裁にこだわる時ですので、見たて損ないのないよう内面にこそ目を向けることが大切です。

また「恩寵(おんちょう)」というキーワードもあります。恩寵とは「恵み慈しむこと」

苦境にある時こそ「自分の望む状態を想像しましょう」と言います。望む状態を想像するのは瞑想中や、自然の中の静かな心地よさに満たされている時がオススメです。ヨガ二ドラの「サンカルパ」と少し似たニュアンスですね。とうわけで今日のマヤ暦・易経メッセージです。

荒野でもあなたの心がけ次第でいつでも恵ある方向へ絆を結べます

以前にもお伝えしましたが「快方へ向かっているところ」という現在進行形の力を使ってみましょう。

k177|赤い地球 白い犬 音8|ガイドエネルギー赤い龍

本日から4日間流れる易経「山火賁(さんかひ)」→恩寵(おんちょう)

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

k1赤い龍の女の子

-マヤ暦
-, ,