マヤ暦

k183|青い夜 青い夜 音1|豊かさを夢見る青い夜の始まり

今日から13日間(3/7・火〜3/19・日)青い夜の13日間になります。心の豊かさが全ての豊かさに繋がる13日間になります。

私が最近テーマにしている「孤独感・分離感」において、この青い夜の期間にそのテーマを深く掘り下げることができる予感。自分はひとりぼっち、周囲とうまくやれない、誰にも理解されない...そんな感情を抱いている方は少なくないはず。そこに「繋がり」を感じられないから発生するのでしょうが...

そもそも宇宙の叡智をお借りすると、自分と他人との繋がりは切ってもきれません。人は皆、魂のつながりのもとに生まれているわけですもの。繋がっているのに「繋がれない、ひとりぼっち」などとご縁を感じられない理由は「見返り」から生じる感覚の鈍りなのではないかな?

世の中は「ギブ・アンド・テイク」だと勘違いしてはいませんか?「私がお世話をしてやっている」「私がお金を出してやっている」「私が食わせてやっている」それはぜ〜んぶ所有欲と利己主義からくる、見返りを求める恐ろしい執着です。実はそこには相手を思いやる気持ちが存在しません。「やってあげている自分に酔いしれている」そんな感が強く現れているのだと思います。

その行為は自分が心からやりたくてやっているのでしょう?行為すべては自分の責任です。やりたいことを惜しむことなく与えるスタンス「ギブ・アンド・ギブ」を心から遂行してゆくと、忘れた頃にとりとめもないところからギフトがやってきます。これこそが「つながっているということ」

コツコツ淡々と徳積みしているだけで、本当に「よかったなあ」というなんだか和やかなギフトがやってくるのですが、それを受け取る感覚すらも鈍っていたら深刻です。

あえていうのであれば、繋がりは絶対切れないのですから「しがらみ」を手離してみたらいかがでしょう?というわけで、前置きが長くなりましたが今日のマヤ暦・易経メッセージとしましょう。

「繋がり」は切れないものですが「しがらみ」は潔く手離しましょう

しがらみとは「女性はこうあるべき」「家族はこうあるべき」「恋人とはこうあるべき」「一日一度はメールするべき」(挙げるとキリがありませんが)といった、しようもない生き方マニュアルみたいなものです。

それらを手離すと、自分以外の大いなるものとの繋がりに気づき、孤独感は薄れてゆくと思います。内側の目に見えない豊かさをキャッチし、現実にギフトとして受け取りましょう。

k183|青い夜 青い夜 音1|ガイドエネルギー青い夜

今日の流れる易経「水山蹇(すいざんけん)3日目」→困難な時ほど徳積みする

それではシンクロ溢れる素敵な一日に。

k3の女の子

-マヤ暦
-, , ,