マヤ暦

k208|黄色い星 黄色い戦士 音13|黄色い戦士のギフトの日

昨日は親友2人と語り合えた日。少なくとも親友と呼べる人が2人もいることに幸福感を感じた日でもありましたね。(2人とも「白い鏡」さんで類似キンさんですもの・笑)

黄色い戦士の13日間が今日で終わります。「熟成」と言われる第4の城も終わります。チャレンジしたことに小さくても良いので結果結論が出ましたか?自問自答の末、答え合わせのギフトの日でもあります。私は一足早く、親友達のお陰様で綺麗に結論が出ましたし、また新たに一つ覚悟も決まりました。

これから記す記事は過去に何度も私が書いているかもしれません。ヨガ哲学サンスクリッド語「ヴァイラーギャ・執着を手離す」のエッセンスも取り入れ、今日のマヤ暦・易経メッセージとしましょう。

「情熱」と「執着」を間違わない

「何がなんでもあれを手に入れないと気がすまない」「結婚しないと気がおさまらない」「絶対にカレシと別れない」「あの人が許せない」こういった気持ち全般を「自分を律しているからこその気持ち」だと思っている方がいますが...

残念ながら完全に「恐れ」による「勘違い」です。ひとつの方向しか見えなく、不自由で気の毒な状態...いま自分が苦しくて苦しくて、出口が見つからずに迷走しているのであれば、まさにその「執着の最中」なんですね。

一方「情熱」には「恐れがない」状態。自然に沸き起こる気持ちですから、見返りもありませんよね?「やりたいからやる」「ここは本当に大切にしたい」と自然に夢中になっているから、依存心も生まれないはず。

やるだけやったらあとは天にお任せでしょう?行きたい方向を俯瞰して、偶然を大歓迎しながら、その波に乗ってゆくほうがうまく行きます。マヤ暦は私にそれを教えてくれた。だからどんなに周囲から批判されても傷つきませんし、マヤ暦を研鑽し、ナース業もヨガもピラティスも努力する行為が、ごくごく自然に習慣になってくるのです。

k208|黄色い星 黄色い戦士 音13|ガイドエネルギー黄色い戦士

本日流れる易経「天地否」(てんちひ)→屈せずに入れば光あり

明日からは刈り入れたものを整理し、再スタートに備える「第5の城」「赤い月の13日間」がスタートしますよ。それでは今日もシンクロ溢れる素敵なギフトの日に!

k16の女の子

 

-マヤ暦
-, , ,