マヤ暦

k210|白い犬 赤い月 音2|ガイドエネルギー白い風

昨日はピラティスとヨガのレッスン。それから開拓神社付近でリスオくんと遊んでいました。リスオくんはカラスくんにいじめられることが多々あるそうですが、カラスくんにも言い分があるそうです。お互い危険と向き合いながら必死で生活しています。神宮内も時間に寄っては「綺麗な空気が流れているなあ」と感じる時と、そうでない時がありますしね。

電磁波問題、食の問題もそうです。電磁波が全く飛んでいない場所で生活するのも無理ですし、完全無農薬を信頼するのならば自給自足しなければいけませんがそれも無理でしょう?そんな「安全」と「危険」の二極性を和らげる素敵な言葉を見つけたので、今日のマヤ暦・易経メッセージとします。本日k210がキンバースデイのヘレン・ケラーの言葉です

安全とは 思いこみにすぎない場合が多いのです。現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として 安全とは言えません。危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい 危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらを選ぶ以外にありません。

危険を回避し「避ける」ことを強く訴える方の方が、頑固さからその「縄張り」を超えられず、成長が滞ります。ある程度子供が成長したら信頼して手離してあげましょう。子供ばかりではなく、パートナーや家族内でも言えること。

安全なところなどありません。自分がここに生まれてきた瞬間に私たちは危険に曝されることを約束されます。今日は顕在意識に「白い犬」があります。縄張りを超えて、どんな境遇の中でも忠実に愛を捧げ、地道に尽くしてゆきましょう。黒キンのエネルギーも流れています。

k210|白い犬 赤い月 音2|ガイドエネルギー白い風(黒キン)

「火雷噬嗑(からいぜいごう)」→確固たる処置

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

白い犬の女の子

 

-マヤ暦
-,