マヤ暦

k230|白い犬 白い風 音9|ガイドエネルギー白い世界の橋渡し

昨日はクリニックスタッフによるピアノリサイタル。美しい風景や芸術に触れると、まるで心がジャブジャブ洗われて爽快な気分になります。芸術というスパイスって大切だなあと思いながら、だんだん芸術がスパイスではなく日常になってきています。美しい音楽に触れ、美しい絵画にふれ、我が家のヨーキーズや植物と心から対話することでなんだか「本来」に戻ってゆくような穏やかさ。この気持ちを毎日大切にしてゆきたいなあと思いました。では今日のマヤ暦・易経メッセージは通信からのシェアです。

頭で何かを考えることを少しやめて、胸に注意をするようにしてごらん。そうすればたぶん、、感じ取ることができるよ。

もうここは「違うな」という感覚はありませんか?芸術に触れる機会が多いと、その閃きが鋭くなり「違うな」というところから距離をおいて「ここにいこう」と閃きます。感じるままにそこへ歩くと、ワクワクと喜びが待ち構えています。

自分の人生に「正解」も「不正解」もありませんが、「本来に戻る」「本来ではない」という解釈はオッケーかと。何年か前までは熱く繋がっていたコミュニティからアウェイになるのも当然のこと。

「本来に戻る」ための過程だと思えば「ありがとう」といってそっと手離せます。今日は「白」「白」「白」の手離す日。「ちがうな」「ここだな」という感覚を研ぎ澄ませ、執着とともに手離してみましょう。迷ったら芸術や自然に触れると、答えを導いてくれるかもしれません。

k230|白い犬 白い風 音9 |ガイドエネルギー白い世界の橋渡し

易経「雷地予」準備したことがあらわれる喜び

それではシンクロ溢れる素敵な一日に。

白い犬の女の子

-マヤ暦
-, , , ,