マヤ暦

k242|白い風 青い鷲 音8|ガイドエネルギー白い世界の橋渡し

昨日は「ハグの日」いろんなところでハグをしました。祝日特別レッスンでは、ピラティスのブリージングと心が一体になるのが心地よく、二ドラガイダンス時間も気持ちよかった。その後、マヤ暦を学ぶことで出来たお友達とも会うことができ、楽しくて仕方なくて。

「いまここ」の喜びと感謝の気持ちを、今日明日にアップデートさせながら、自分史を丁寧に刻んでゆこうと思いました。

後悔は死ぬときにいっぺんに...と思った時期もありました。

でも今は「明日という未来に、今日の後悔を残さないように決めた!」と覚悟を決めたら、ほんの少し先の未来を俯瞰するようになったし、マイアクションも相手に贈るメッセージも変化したように思います。毎日心地よい風が流れています。

今日はジョセフ・マーフィーのマヤ暦キン・バースデイ。彼の名言を今日のマヤ暦メッセージとしましょう。

信頼とは「信頼に値する材料があるからする」というものではなく、まず「先に信頼してしまう」ことなのです。信頼されると人は、それにこたえようとするものです。

これが「愛の循環」ですよね。信頼されたら嬉しいに決まってる。期待に応えるとは違うんです。

暖かな気持ちを投げかけられたら、ごくごく自然にあったかい気持ちになります。今日は顕在意識に白い風、そしてガイドは白い世界の橋渡しが流れています。愛のメッセンジャーとして自分が相手を信頼し「優しい気持ち」と「優しい気持ち」を橋渡ししましょうね。

k242|白い風 青い鷲 音8|ガイドエネルギー白い世界の橋渡し

易経「山雷頤(さんらいい)→言語を慎み、食を正しく摂することが大切。

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。

k2の女の子

-マヤ暦
-, ,