マヤ暦

k260|黄色い太陽 黄色い星 音13|ガイドエネルギー黄色い種

2016年9月6日から始まった今回のマヤ暦スピンも、今日で終わりです。どの期間が充実していましたか?どの期間に魂を揺さぶれる出来事がありましたか?私はりのちんのキンバースデイk222から流れがブワッと変わり、白い風が私の目に映る「ぼやけた太陽」を、洗ってくれたかのようでした。

まさに「北風と太陽の仲良し」これからは、洗い立ての太陽がいつも私の背中を照らしてくれるような気がしました。では今日のマヤ暦・易経メッセージはk260のアインシュタインの名言にしましょう。

人間の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られるべきだ。

ドイツ出身でユダヤ教の学者さんです。「他人のために尽くす人生こと価値ある人生だ」という言葉も残しています。

それは自分のことを蔑ろにしているのとは違うと私は思います。人に尽くした時に相手からいただくギフトというのは、物やお金ではなくて「感謝のキモチ」目を麗して自分にくれた「ありがとう」の言葉と意識です。

豊かで素敵な人生は、感謝とありがとうが循環していれば、腐ることも錆びることも寂れることもないと思います。今日のガイドエネルギーは「黄色い種」そしてギフトの音「13」

私はこのマヤ暦スピンでも素敵なギフトの種を拾いました。明日から始まる新たなスピンではその種を真心込めて育てようと思います。

k260|黄色い太陽 黄色い種 音13|ガイドエネルギー黄色い星

易経「坤為地(こんいち)」→メスの馬のように、柔順でぐらつかずに進む態度。柔らかい母性。母なる大地。

今日はマヤ暦講座!それではシンクロ溢れる素敵な1日に!

黄色い種の紋章

-マヤ暦
-, , , ,