子育てマヤ暦セッション

子育てで誰もが悩んでいる

子どもをはじめとする人間にはそれぞれ個性があり、性格も様々です。「この方法がよい」という「公式」などはありません。悩みながら手探りで子育てを行っているのが現状ですよね。ウンウン...本当によくわかりますよ。私も本当に苦労しましたもの。

「子どもが何を考えているかわからない。うちの子どもは親の話をきいてくれない。子どもの反抗が強くどう接してよいのかわからない」などなど...子どもは幸せの根源に関わらず、子どもの成長と共にどんどんあらたな問題が起こってきますし、悩みは尽きませんね。

この子育ての悩み、問題のすべてに明解な答えを出せるものがあったのです。中南米に栄えたマヤ文明。その中核に担う「マヤ暦」に大きなヒントが隠されていたのです。子どもにとってなにが幸せだと思いますか?それはその子の本来の姿、役割に生きることが一番ですよね?

なのに!

親というものは得てして、自分の考えを押し付けてしまうもの...結果子どもにひずみが生じ、問題が起こってしまうのです。親として大事なことは「その子がどんな子どもか」「なにを人生に求めているのか」その輪郭を知ること。それが子どもの本来の姿を知るということです。

マヤ暦は占いではありません

マヤ暦では「13」というサイクルが存在します。13とは他ならぬ「自然のリズム」です。月の満ち欠けは1年間で13回、女性の月経も1年間に13回といわれます。この自然のリズム13を使っているのは、マヤ暦以外どこにもありません。大自然の叡智を生かしたマヤは「自然や天体との共鳴」の中で「本質」を探ってゆきますから、占いとは大きな違いがあるのです。

マヤ暦が教えてくれるもの

その子がどんな子どもか?父方の影響が強いのか?母方の影響が強いのか?その子の持って生まれた役割・使命は何か?親子の間の取り方はどうすればよいか?もしかしたらお子さまは私達親が思っていたタイプとは正反対の気質を持っているかもしれません。そのヒントになるのが中南米の叡智マヤ暦なのです。

子育てマヤ暦セッション/30分/5000円(税込)

上記料金はお子様おひとり料金になっております。お子様おひとりと保護者の方との関係性をセッションいたします。おふたりになりますと60分10000円(税込)になります(それ以上になる場合は要相談となります)

セッションをご希望の方は

「hirokoiida5119@gmail.com」または「お申し込み・お問い合わせフォームから」

(2日以内に連絡がないときは恐れ入りますが再度連絡をお願い致します)

子育てマヤ暦セッション

 

2016/11/23