マヤ暦

k118|白い鏡 白い鏡 音1|ガイドエネルギーも白い鏡

今日から「白い鏡の13日間」が始まります。「果てしなさ」「永遠性のある秩序」「調和」がキーワードの白い鏡の期間。人という生き物はそれぞれに「枠」があり相手をその「枠」に嵌めたがります。白い鏡の期間も白い鏡をお持ちのかたも、自分のマイナス面が出るとそれらが浮き彫りになるそうです。

サンスクリッド語に「ティヤーガ」という「エゴに満ちたこだわりを手放しなさい」という教えがあります。と言われて「さあさあ何かを手放そう」と意気込んでいる方こそが、エゴに縛られた張本人なんだそう。

ティヤーガするということは、自分にやってくる行いに対して、不満を言ったり、逃げたり、抵抗するこだわりを捨て去るということ。自分にやってくる物事は全て「カルマの法則」という自然界の一つの法(秩序)を心から信頼することで心に平安がもたらせられます(私はそうです)。

今いる状況も、顔も体も性格も、10秒後に起こることも、新しい出会いも、別れもカルマの結果。カルマの法則は完全に平等だからこそ、自分だけ苦い実を味わっていることに悲しむ必要はありません。苦い実の原因を撒いた自分を責める必要もありません。みんなみんな、甘い実や苦い実を味わうために、この世に来ています。

自分はこういう病気だから...と、自分を特別扱いすることもティヤーガ(手放す)しましょう。霊感がある?霊視できる?できてもできなくてもその人は別に特別ではありません。自分がその方に向ける想いと行いこそがただただ真実です。

今ご自身が混乱しているのであれば、何かにつけ自分を特別視しているから。みんな同じです。抵抗すること、過去を嘆くこと、自分を特別視する感情的なこだわりをティヤーガして、自分自身をもっと自由にしてあげてください。

k118|白い鏡 白い鏡 音1|ガイドエネルギーも白い鏡

今している行いを自然に調和させ、慎重にコツコツ継続させることが、甘くて美味しい実を未来に実らせることができるのかもしれませんね。これこそが「永遠の美と調和」なのではないでしょうか。

k18のマヤ暦女の子

-マヤ暦
-, ,