マヤ暦

k126|白い世界の橋渡し 白い鏡 音9|ガイドエネルギー白い風

昨日はクリニック。忙しいけどあたたかい...。言葉数は少なくとも、おひとりおひとりと交わす笑顔の中にいつもあたたかい「なにか」がそよそよしています。学ばさせていただくものが多く感化される日々。それを咀嚼して咀嚼してゆくうちに「人ってみんな不器用だけど誰もが一生懸命なんだな」って優しいキモチになります。いつも気づきを本当にありがとうございます。

今日は日清食品創業者・安藤百福さんのマヤ暦バースデイです。通信にも掲載ありましたが、百福さんのお言葉が素敵だったのでこちらでもシェアしますね。

「上に立つ者の姿勢が良ければ、下の者も自然にその姿勢を見習うだろう。厳しいだけではない。これからは社員の心をいやす経営も大事である。統治して治めず。

力で動かさそうとするから、人の心離れていく。

器にあらざるものを器に据えると、本人も周囲も不幸になる。真のリーダーの資格は、人としての徳を持っているかどうかだ」

k126|白い世界の橋渡し 白い鏡 音9|ガイドエネルギー白い風

「人としての徳」「癒し」の真の意味を考えてみましょう。圧力のある言葉や態度、二極化する思考や意志ばかりでは胸が「キュッ」と締め付けられます。世の中には素敵なものがたくさん散りばめられています。それらを観じる感性をゆるゆると育んでゆきましょう。それではシンクロ溢れる素敵な一日に。

マヤ暦紋章白い世界の橋渡し

-マヤ暦
-, , , , ,