マヤ暦

k127|青い手 白い鏡 音10|ガイドエネルギー青い鷲

昨日はひたすら読書の1日。今年1年、私に回っている「k126の日」でもありました。「死」を身近に考えると、生き方に真剣になる年...やりたいことは沢山あるけれど、自分の後始末も俯瞰する近況です。自分に何か会った時に、残された方々が困らない準備も大切だなと。今あるもので楽しむ生活にシフトしつつあります。何かをはじめるにしても、リスクのないところ。それが読書によっても教えてくれた気がします。日々のスリリングは読書の中で充分かも・笑。

今朝の通信の内容がとても良かったので、こちらでもシェアしますね↓カナダの環境問題活動家、セヴァン・カリス=スズキのお言葉です。

「オゾン層にあいた穴を、どうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう?

絶滅した動物をどうやって生き返らせればいいのか、あなた方は知らないでしょう?

砂漠となってしまった場所に、どうやって森を蘇らせればいいのか、あなた方は知らないでしょう?

どうやって直せばいいのかわからないものを壊し続けるのはもうやめてください」

k127|青い手 白い鏡 音10|ガイドエネルギー青い鷲

リスクが高すぎるもの、責任を負いきれないものに安易に手をつけるべきではないのかも。始めるのならば「準備」「実行」「後始末」までを俯瞰し、誠意と責任をもつことが人として大切なことなのかもしれません。ものも、人間関係も、異性関係も。

それではシンクロ溢れる素敵な1日に。オススメの本をあったら教えてくださいね。

k7の女の子

-マヤ暦
-, , , , ,