マヤ暦

k68|黄色い星 白い世界の橋渡し 音3|ガイドエネルギー黄色い人

今年とても楽しみにしていた石川仁さんの講演会とマヤ暦・易経講座が終わり、若干抜け殻状態です。仁さんは「生きているだけでしあわせ」を細胞レベルで実感するために探検家になったそうです。仁さんのお話の一つ、砂漠での6ヶ月の生活で得た、砂漠で人と出会った時のルールにも感動しました。出会った相手には所有の半分を渡すというルールです。

我欲を超えて、私たちにもその精神があれば、小さな争いとか、損得感情や区切りみたいなものがなくなり、皆が分かち合って平和に暮らせるはずなのに...でも、私だったら咄嗟に所有の半分をおすそ分けすることができるかな...結果的には渡すだろうけれど、少しは躊躇するに違いない。どうして躊躇するんだろう?など、色々思うことがありました。

ただこれからは、いつどうなっても良いように、とにかく自分に忠実に誠実でありたいと強く思いました。反省はしても後悔のない時間を過ごそうと思いました。心の中にある「未処理のもの」を丁寧に処理してゆこうと思いました。すごく未熟な自分は、これからもたくさんのステキな人たちに会い続けて、自分という人間を磨き続けなければいけないなと...そうひしひしと感じましたね、本当にまだまだです。

k68|黄色い星 白い世界の橋渡し 音3

ガイドエネルギー黄色い人

今日のマヤ暦メッセージです

人目を気にせずのびのびと。自分の気持ちに見合ったことを行ってゆきましょう。

それではシンクロ溢れるステキな1日に。

マヤ暦|黄色い星の紋章

-マヤ暦
-, , , , ,