旅する瞑想

k13の女の子

瞑想は難しくない

10年前にブログを始めたのですが、
当時、育児ストレスが強く、
自分に自信を失って途方に暮れていた時に、

 

ある方の、
美しい言葉を綴るブログを読んで、
ヨガと共に、
立ち上がることが出来ました。

 

自分の些細な言葉で、
誰かが元氣になるのであれば、

 

それは私にとっても相手にとっても、
とても幸せなことだなあと思い、
その想いの根本は今も変わらず、
こうやってブログを綴っています。

 

ただ、途中から
「ブログを資産に」という想いが、
強く現れてきて、

 

元氣じゃないときも、
元氣な素振りを表すような言葉を探し、

 

嘘をついているわけではないけれど、
「大丈夫、大丈夫」と、

 

無理矢理に自分を煽る時間が、
もしかしたら強くなっていたのかも
しれません。

 

自分を偽ると
(年齢的なことの影響も?)
結構疲れるんだなあと、
しみじみ感じています。

自分には嘘をつけない

今朝の瞑想では、
「あるがままに、事実、真実を。」
…という言葉がたくさん降りて来ました。

 

『忙しい』という言葉は、
なるべく使いたくないのだけれど、
事実『忙しい』のでしょうね。

 

…というように、
あるがままの自分を受け止めて、

 

あるがままの自分の想いを、
このブログに綴ってゆこうと思います。

 

ちなみに瞑想とは、
米Google、ゴールドマンサックス、
Yahoo!、Intel、P&Gなどの有名企業が、
研修プログラムとして導入しています。

 

目を瞑りますが、
集中しなくても大丈夫です。

 

人間は本来持っている脳の、
25%しか使っていません。

 

残りの75%の部分は、
瞑想によって活性化できるようです。
まずはぼーっとすることから、
はじめてみましょう。

 

自分の潜在能力を引き出すことが、
できるかもしれませんね。

「疲れた」と言っても大丈夫

元氣な人を見ると嬉しいけれど、
だからといって、
元氣になれないときも、
元氣なフリをしなくてもいいと思います。

 

元氣じゃない貴方のことも、
優しく受け入れてくださる方に、
ご縁ありますように。

 

『雲の向こうはいつも青空』
hiroko

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です