レイキヒーリング

2019/04/01 マヤ暦レイキヒーリング|k158 白い鏡 赤い地球 音2

更新日:

「閑古錐(かんこすい)」

...という言葉があります。

「閑」は、静かに落ち着いている様子で、

「古錐」とは、大工道具で使われるキリの古くなったもの。

これを人間に当てはまると次のようになります。

 

長い年月をかけて自分を磨き続けたものは、

長い年月、穴を開け続けたキリの如く、

なんとも言えない魅力を漂わせると。

 

新品のキリは先が鋭いので、

穴を開けることはとても簡単だけれど、

注意しないと指先を傷つけてしまいます。

 

ところで、思春期真っ盛りのりのちん。

やんちゃなところもあり、

時には人と衝突して、無茶をしては、

自分を傷つけることもあるみたい。

(すぐに立ち直りケロっとしていますが。)

 

そんなりのちんと関わり

りのちんが何をしても可愛くて仕方なく、

あれ?自分も確かに尖っていた時代が

あったはずなのに???

随分と、"キリの丸み”が出てきたかも?と、

少し円熟味が出てきた自分に、嬉しく思います。

 

おばあちゃんが昔、よく言っていました。

「閑古錐」のような風格を身につけるためには、

キリと同じように自分を使い込みなさいと。

 

使い込むとは、

何をするときも手を抜かず、

力を出し惜しみしないということ、だと。

 

周囲に、新品のキリのように血氣盛んで、

攻撃的な人がいれば、

まだ人生経験が浅く、成長途中なんだと...

 

新品でいる自分が誇り高く、

新品ではない他者の心を踏みにじったり、

仕方なく、そんな態度もあるけれど、

 

ただただ穏やかに見守りなさい。

...そう言われた意味が、今ならわかります。

 

相手に牙を剝くことがなくなったとき、

それは、どんなときも手を抜かないで、

一瞬一瞬を全力で生きた証拠で、

素晴らしき「勲章」なのだって。

 

まだまだ成長過程の私ですが、

少しだけ、その勲章を手に入れるまでに

近寄ってきたと思いたいです。

 

ただこれだけは言えます。

レイキに出会えたことで、勲章までの距離は、

ぐんと近くなったということです。

 

レイキの研究、実践は、それだけで、

自分に本当に必要なエナジーが、

流れるそうですから。

 

残された人生で必要なものが、

今、きっと、ちゃんと、きちんと、

流れているのでしょうね。

レイキ

【2019/04/01のエネルギー】

k158 白い鏡 赤い地球 音2

ガイドエネルギー 白い犬

明日はもう一人の自分に気づく日

ふだんの行動を見守っている

賢明なもう一人のあなたがいます。

そのもう一人のあなたが、

あなたに何を語りかけているのか、

耳をすませてみましょう。

本当の自分が喜ぶことを

選択していきましょう。

明日は『白い鏡』のエネルギーがながれます。

「永遠性のある秩序」

「調和」

「映し出す」

自分の勝手な考えだけで、

決めつけないように注意していきましょう。

枠は、自分が作っていること忘れないように。

自分が作っているということは、

自分で広げることも、

外すことも可能です。

明日新元号が発表になりますが、

なんとなく、一区切りを観じて、

お赤飯を炊いてみました。

(なぜお赤飯???)

 

今日のお赤飯は格別でした。

 

多くの大切な人と、

一緒に食べた、そんな一体感を感じて、

とてもとても嬉しい日になりました。

スポンサードリンク

-レイキヒーリング
-, , ,

Copyright© Respiration=レスピレーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.