よもぎ温熱セラピーとは

よもぎ蒸しとは

ハーブの女王といわれるよもぎを煎じて、その蒸気が出る専用の椅子に首から下をすっぽり包むマントを着て座ります。下半身から身体を温める温熱効果と、煎じた薬草の成分を体内に取り入れること(粘膜吸収)により、自然治癒力が高まり、代謝促進、汗とともに老廃物が排出されます。お顔を出してお入り頂きますので、サウナが苦手な方でも気持ちよく受けて頂きます。

こんな方におすすめです

・冷え性、低体温

・生理痛、生理不順、更年期障害

・ストレス、不眠症、肩こり、腰痛、便秘、痔

・体脂肪過多、浮腫み、代謝促進、ダイエット

・アレルギー性鼻炎、花粉症、体質改善

アルコールを飲んでいる方、高血圧、心臓病、乳児、妊娠中、生理中の方はお控え下さい。

よもぎ蒸しに使用するよもぎ

産地は、岐阜県、愛媛県産のものを使用しており、よもぎのブランド「伊吹よもぎ」を主に使用しています。無農薬のよもぎは、温熱セラピー協会が契約している、1000年続く薬草職人が山で自生しているよもぎを摘んだものを使用しており、乾燥するのも、ひと束ひと束先祖から伝わるやり方で束ねます。よもぎを包むパックは、漂白していない紙を使用しています。

よもぎ蒸し椅子にも拘っています

15年以上販売実績のあるよもぎ蒸しセットのブランドです。国産のヒノキを使用した椅子は、椅子を温めても体に悪い化学物質が出ないように設計し、ヒノキ職人さんの手作りで製造しております。

一般に販売されている合板を使用した椅子は、熱いお鍋を近づけて使用すると、材料の接着剤やニス等から化学物質が出る可能性があります。よもぎ蒸しは薬効成分を粘膜吸収させるメニューです。よもぎの成分以外の有害なものを吸収させないようにすることも大切です。

よもぎ鍋の特徴

体に良くない有害ミネラルである、鉛、カドミウムなど不使用です。天然石(長石、珪石、雲母)カオリンを97%以上原料として焼成し、水道水も不使用で、残留塩素、環境ホルモン、鉛、カドミウム等、重金属の心配もありません。釉薬(うわぐすり)は、ガイロメ、木節土(キブシツチ)を使用で、より安全です。

よもぎ蒸しを通して伝えたいこと

ご自身で健康を手に入れるためのキッカケにして頂きたいと思います。よもぎ蒸しで繊細になった感覚を通して、温熱習慣の大切さや、食の大切さ、運動の必要性など、体がより健康に、楽になる生活習慣について、関心を深めて頂けると嬉しいです。

投稿日:

Copyright© Respiration=レスピレーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.